連休の過ごし方を紹介!!暇な時は『映画』を観るに限るっしょ!!★洋画編★

投稿者: | 2017年3月19日

こんにちは。
ブログ運営者のKITです。

職種によって異なると思いますが、週末から3連休に突入した方も多いのでは無いかと思います。連休は日頃疲れた心や体を癒すためには良いものですが、今のご時世、そんな連休だからこそ、自宅で過ごして節約したい、なんて思う方もいるのではないかと思います。

そんな時は・・・。ひたすら、DVDを観ましょう(笑)



スポンサードリンク

何も予定がない連休だからこそ観れる映画

連休中に節約の意味も込めて、DVD鑑賞をしようとした時に、ただ観たい映画を観るというのも一つの手段ではありますが、どうせ観るなら、ちょっと普段は出来ないような“贅沢な時間の使い方”をしたいと思いませんか?私が思う”贅沢な時間の使い方”は、『シリーズもの映画を、ぶっ通しで観続ける!!』です。おススメする理由は、下記の2点です。

・シリーズ全作を通しで観ることにより、ストーリーを正確に把握できる。(「あれ?これ誰だっけ?」みたいなことが無くなる)
・とにかく時間を潰せる。

既に劇場での公開を終えた作品の中で、何年、何十年もの時間をかけて、シリーズ化してきた作品が数多くあります。本日はその中でも、私が観てきたシリーズ映画の中で、特におススメの作品を、”作品数の多いシリーズランキング形式”でご紹介します。

それでは、本題にいきましょう!

第1位:ハリーポッター(8部作)

シリーズの歴史

  • ハリーポッターと賢者の石(2001年)
  • ハリーポッターと秘密の部屋(2002年)
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人(2004年)
  • ハリーポッターと炎のゴブレット(2007年)
  • ハリーポッターと不死鳥の騎士団(2009年)
  • ハリーポッターと謎のプリンス(2010年)
  • ハリーポッターと死の秘宝 PART1(2010年)
  • ハリーポッターと死の秘宝 PART2(2010年)

驚異の9部作という、超人気シリーズ。
ダニエル・ラドクリフ演じる「ハリーポッター(通称ハリー)」が、魔法使として成長していく姿を描きます。そして2016年には新シリーズとして、「ファンタスティック・ビースト」が公開されました。こちらの新シリーズも、5部作になると正式発表されています。これだけ長期間に渡って制作されてきた作品であるにも関わらず、キーマンとなるキャラクターの配役には一切の変更なし。映画のキャラクターのリアルな成長が楽しめるのも、この作品の魅力です。

第2位:ロード・オブ・ザ・リング(6部作)

シリーズの歴史

(前半)

  • ロード・オブ・ザ・リング(2002年)
  • ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2003年)
  • ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2004年)

(後半)

  • ホビット(2014年)
  • ホビット 竜に奪われた王国(2014年)
  • ホビット 決戦のゆくえ(2014年)

シリーズ前編となる「ロード・オブ・ザ・リング」。
強力な悪の力を持つ”指輪”を手にした主人公フロド・バギンズが、仲間たちと共に、指輪を葬り去るまでの壮絶な物語が描かれています。そして、シリーズ後編となる「ホビット」。フロドのおじさんにあたるビルボ・バギンズの若かりし頃の物語。13人のドワーフ族と共に、ビルボは祖国奪還の戦いに挑んでいく。「ロード・オブ・ザ・リング」の物語に続く作品であるため、必見です。

ホビット族、ドワーフ族、エルフ族、魔法使いといった、特徴の大きく異なる部族たちがとても印象的です。特に、ロード・オブ・ザ・リングでの戦闘シートは圧巻です。迫力ある戦闘シーンの観て、スカッとしましょう!!

第3位:スパイダーマン(5部作)

シリーズの歴史

(前半)

  • スパイダーマン(2002年)
  • スパイダーマン2(2004年)
  • スパイダーマン3(2007年)

(後半)

  • アメイジング・スパイダーマン(2012年)
  • アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

シリーズ前半、後半共に、ストーリーの流れはほぼ一緒です。前半である「スパイダーマンシリーズ」から、キャストを一新して新たに作り直したのが、「アメイジン・スパイダーマン」となります。

ある時、特殊な力を持った”クモ”に刺されしまったことで、超人的な力を手に入れたピーター・パーカー。その超人的な能力を使って、国のあらゆる犯罪を裁くヒーローに。ところが、そんなスパイダーマンに様々な特殊能力を持った敵が、次々と襲いかかります。MARVELシリーズの代表作である本シリーズを、ぜひご覧下さい。

 

まとめ

今回ご紹介した映画は、ほんの一部に過ぎません。その他にも面白い作品はたくさんあるので、ご自身で調べられて良いかと。しかし、貴重な連休を作品選びで消費してしまうのは、もったいないので、もし迷うようでしたら、とりあえず上記の作品を”ドガッ”って借りて、“ブワッ”と観ちゃって下さい!!

中には、まだ完結していない作品、既に続編の公開が決定されている作品もありますので、ぜひその準備の意味も込めて。

それでは、皆さんで素敵な連休を過ごしましょうね。

今日はここまで!ばーい!(^^)!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です