横浜駅周辺の映画館特集!!住みたい街として話題の横浜で観るならここ

投稿者: | 2017年6月10日

横浜を代表する「みなとみらい」の風景

こんにちは。
ブロク運営者のKITです。

神奈川県横浜市と言えば、吉祥寺、恵比寿に続く『住みたい街ランキング』で3位に入るなど、地元の人だけでなく、全国的にも憧れの街へとなりました。

そんな『住みたい街ランキング』で3位に選ばれれる横浜には、どれ程の映画館が存在するのでしょうか!?



スポンサードリンク

横浜駅周辺は想像よりも多くの『映画館』が存在した!!

国内外問わず、年中観光客でにぎわっている横浜ですが、神奈川県にお住いの方にとっては「ビジネス」や「プライベート」の場として利用することが多いのではないかと思います。私も今でこそ東京都民ですが、つい最近まで横浜市民だったので『住みたい街ランキング』の上位に選ばれる理由が分かる気がします。
確かに吉祥寺や恵比寿には劣るかもしれませんが、本当に魅力ある街だなと東京に住んで改めて感じました。

しかし考えてみると、横浜周辺にはあまり映画館が多いイメージはありません。それよりもショッピングやグルメ(ラーメン屋、カフェなど)が多いイメージが強いです。
本当に横浜にはそれほど多くの『映画館』は存在しないのでしょうか?

いえ、さすがは横浜。全くそんなことありませんでした。私の想像を遥かに超える数の映画館が存在しました。

本日はその数ある映画館の中から、私がおすすめしたい映画館をピックアップして紹介しましょう!!

※”横浜駅周辺”はどこまでを指すか?というのが難しいところではありますが、今回は私の独断と偏見で決めさせて頂きます。

“横浜駅周辺”の映画館を魅力満載でお届けします!!

シネコン編

桜木町駅から徒歩1分以内!?横浜で一番おすすめしたい映画館『横浜ブルク13』

公式サイトはこちらをクリック

《基本情報》
・住  所:〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい
・アクセス:桜木町駅から徒歩1分

『横浜一オシャレな街』と言っても過言ではない桜木町駅から、わずか徒歩1分以内という超好立地にある映画館です。「コレットマーレ(Colette Mare)」と呼ばれるショッピングタウンの最上階にあります。
桜木町に数年前にできた「北口改札」を出て右に曲がって行けば、雨にも濡れずに行くことができます。
現時点(2017年6月)での上映作品数は、なんと驚異の30本越え!!(劇シネなどの系統の違う作品も含めています。)
コレットマーレがオープンして、約7年が経過しましたが、“高級感”“清潔感”は未だ健在です。

映画館自体の魅力はもちろんなんですが、この『横浜ブルク13』を一番おすすめしたい理由はここにあります。
それは『周辺施設がとても充実していること』です。コレットマーレの右手に見えるエスカレーターを上がり「動く歩道」を進んで行くと、正面にランドマークタワーが見えてきます。さらにその先に進むと、クイーズスクエアというショッピングエリア付きのオフィスビル、マーク・イズというショッピングエリア、そして美術館などもあります。さらに桜木町から10〜15分歩いた先には、年間通して“流行り”“季節”に応じた、期間限定の様々なイベントを展開している『赤レンガ倉庫』があります。

正直、この『横浜ブルク13』の魅力を語るだけでも1記事書けてしまうレベルですが、キリが無いのでこの辺りにしておきます。

横浜駅からのアクセスの良さを優先するならここ!!『ムービル』

公式サイトはこちらをクリック

《基本情報》
・住  所:〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル
・アクセス:横浜駅西口から徒歩5分

各種JR線を始め、東急東横線、京浜急行線、相鉄線、市営地下鉄など、あらゆる路線の経由地点になっており、まさに横浜の“窓口的存在”である横浜駅。その横浜駅から徒歩わずか5分という驚異的な近さの映画館『ムービル』。外観は先ほど紹介した「横浜ブルク13」に比べ歴史を感じさせますが、映画をより“リアル”に楽しみたい方にはおすすめです。
その理由は、最新設備を備えていることです。通常の2Dを始め、2タイプ(MasterImageとSonyDigitalCinema)の3D、IMAX、そして最新の”4DX”まで全設備が整っています。さらに、上映作品数は神の領域である40本越え!!(劇シネなどの系統の違う作品も含めています。)
すさまじい数です。

横浜駅を経由して、他の電車への乗り換えが億劫な方にとっては、便利かつ充実した時間を過ごすことができそうですね。

こちらもまた、周辺施設は充実してしています。なんつったって場所が横浜駅ですからね(笑)
高島屋、SOGOなど超有名百貨店、マクドナルドやファーストキッチンなどのファーストフード、名店だらけの「ラーメン屋」の数々、ボーリングやカラオケなどが一度に楽しめるレジャー施設「ラウンドワン」、そしてサラリーマン達の憩いの場である大量の「居酒屋」。
とても挙げきれる量ではありませんが、まず暇を持て余すことはないでしょう。

「横浜ブルク13」に比べると少々街が騒がしいというのが、私の中でのマイナスポイントです。

横浜ブルク13よりもさらに迫力ある映像を観たい!!そんな時は少し遠くまで脚を延ばして『イオンシネマみなとみらい』

横浜ブルク13よりも迫力ある映像が観れる映画館「イオンシネマみなとみらい」

公式サイトはこちらをクリック

《基本情報》
・住  所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ5F
・アクセス:桜木町から徒歩10分

桜木町駅前に「横浜ブルク13」という強敵がいながらも、ワールド・ポーターズの5Fでどっしりと構えている映画館『イオンシネマみなとみらい』。立地的にはかなり厳しい戦いを強いられてしまいますが、未だ健在の映画館です。ここで皆さんにお伝えしなくてはいけないのは、「横浜ブルク13」との違いについてですよね。

  • 上映作品数は20本以下と少なめ。(普通に利用する分には全く困りません。)
  • 横浜ブルク13には存在しない、大迫力映像”4DX”を味わうことができる
  • ワールドポーターズ自体の1フロアが広々としており、横浜ブルク13に比べ子供が多いです。
    映画館の側にはゲームセンターがあったりと、子供連れの夫婦にはおすすめ!!
  • 映画館で3,000円以上使えば、ワールドポーターズ併設の駐車場がなんと無料に!!
    (ちなみに横浜ブルク13には、そういったサービスはありません。)

いかがでしょうか?こうしてみると、横浜ブルク13よりも気配りの行き届いたサービスが多いことがわかります。

ミニシアター編

まるで貸会議室のようなレトロな空間で映画を観たいなら『横浜ニューテアトル』

公式サイトはこちらをクリック

《基本情報》
・住  所:〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-8-1
・アクセス:JR関内駅から徒歩5分/京浜東北線日ノ出町駅から徒歩8分

外観からして、レトロ全開。赤レンガ風の外壁をしており、入口の横に昭和のにおいをプンプン漂わせるポスター用のガラスケース。ぱっと見、とても映画館には見えません。しかし、これも列記とした映画館なんです。
店内の中はというと・・・これもまた一際レトロな空間が広がっています。まるでこれから昭和のスターが講演会でも始めるのか?と思わせるほどに。
昔のスナックに合いそうなワインレッドの座席が並び、前にはスクリーンがあります。これはレトロ好きにはたまらないでしょうね。また、伊勢佐木町周辺はJRAの競馬観戦場があり、割と年配の方も多いため、映画好きのお年寄り達にとっては最高の憩いの場と言えるかもしれません。

では、この映画館の周辺施設を見てみましょう。
「どうせ、おきまりのレトロな雰囲気なんだろ?」と思いきや、全然そんなことありません(笑)
近くには地元の人達が愛する“伊勢佐木モール”があり、様々なお店が並んでいます。コンビニ、ブックオフ、吉野家、ケンタッキー、本屋、携帯ショップ。そして私の一番のおすすめ『コメダ珈琲』です。店内は決して広くありませんが、非常にリラックスできる空間です。数年前に『スタバ』も出来たみたいなので、意外と穴場スポットかも。

ただし、この地を訪れる上で注意して頂きたいことがあります。
伊勢佐木モール周辺は“治安が良い”とは言えません日中は問題ありませんが、昔からこの辺りには『夜のお店』が多いため、夜はそういったお店のキャッチやお客で賑わっていることもあります。なので、女性の方は特に気をつけて下さい。
「どうしても観たい映画がある!!」という場合は、日中の時間帯を狙って行くようにしましょう。

2014年にリニューアルオープン!!『横浜シネマリン』

公式サイトはこちらをクリック

《基本情報》
・住  所:〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町6-95
・アクセス:JR京浜東北線関内駅北口から5分/横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅3B出口から徒歩2分/景品急行線日ノ出町駅から徒歩5分

横浜にあるミニシアターの中でも、老舗中の老舗。1954年より60年以上の歴史を持っています。
実はこの映画館は一度、閉鎖の危機に陥っていました。技術の進歩と共に、映画間も昔ながらの”フィルム再生”というアナログなやり方から、“デジタル化”へと変わっていく中、その波に上手く乗れなかったのです。
しかし、その危機的状況を救ったのが八幡温子さんという方でした。彼女は見事に『横浜シネマリン』を立て直し、リニューアルオープンまでこぎつけたのです。

外観は昔のままのレトロな雰囲気を残しつつ、内装はモダンな作りに。そして、劇場内は当時「うなぎの寝床」と呼ばれるほどぎゅうぎゅうに敷き詰められていた座席をいくつか撤去し、広々とした開放感のある空間へと生まれ変わりました。

上映作品はというと、昔のものから最新作まで様々なジャンルの上映をしておりますが、特に力を注いでいるのは「ドキュメンタリー映画」です。劇場という隔離された空間でありながらも、“自分の日常を改めて考え直すような作品を上映したい”という想いがあるからです。

映画の大好きな女性オーナーによって立て直された映画館は、他とは違う温かみを感じれることは間違いないでしょう。

 

まとめ

この記事を書きながら、やはり横浜という街は本当に良い所だなと思いました。
街全体の雰囲気もそうですが、それに加えてこんなに多くの映画館がありますしね

ぜひ皆さんも横浜に訪れる機会があれば、観光やデートとして今回紹介した映画館をご利用下さい!!

それでは、今日はここまで!ばーい!(^^)!

スポンサードリンク

横浜駅周辺の映画館特集!!住みたい街として話題の横浜で観るならここ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 池袋の映画館を余すことなく一挙に紹介!!意外と穴場が多いんじゃないか!? – KITの映画ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です