映画『ジュラシックパーク』のネタバレ大公開!!記念すべきシリーズ一作目♪

投稿者: | 2017年3月10日

こんにちは。
ブログ運営者のKITです。

さて、本日から宣言通り、『ジュラシックパーク/ジュラシックワールド』シリーズを、第一作目から順次、ご紹介していきます。

では早速、始めていきましょう!



スポンサードリンク

ストーリー(ネタバレ)

アラン博士とハモンド会長の出会い

考古学者であるアラン・グラント博士は、大の恐竜好きでした。化石を見つけては掘り起こし、研究し、その研究成果を発表し、研究費の資金援助を受ける。そしてまた、化石を探す・・・。そんな生活を送っていました。

ある時、アラン博士の白髪、白ひげの老人が訪ねてきました。なんと、彼はこれまでもアラン博士が資金援助をしてもらっていた人物でした。アラン博士と助手のエリーは実際に会うのは初めてだったため、興奮を抑えきれませんでした。

喜びもつかの間、彼はいきなり莫大な研究費を資金援助する代わりに、ちょっと協力してほしいと言ってきたのです。その依頼内容とは、新たにオープンする予定の「ジュラシックパーク」に来てもらい、パークに関して意見を聞かせてほしいというものでした。アラン博士は、莫大な研究費の資金援助を前に断ることができず、了承しました。

いざ恐竜の島「イスラ・ソルナ島」へ

アラン博士は、助手のエリーと共にジュラシックパークへ向かいました。パークがある島は、イスラ・ソルナ島と呼ばれていました。
島へ向かうヘリコプターには、アランとエリー以外にも、数学者のイアン、ハモンド会長の顧問弁護士であるドナルドだった。

暫くして島に到着したアラン達は、まずは島の駐留施設に向かいます。その向かう車でとんでもない光景を目にします。なんと、絶対に生きているはずがない恐竜が、この島では普通に生きているではありませんか!!皆、興奮を抑えきれず思わず車を停めて、ただ呆然と恐竜を見ていました。

駐留施設へ到着。

恐竜復活の謎が明らかに

その後、アラン達は施設内にある映画館のような場所へ案内されました。映像が流れ始め、そこで初めて恐竜復活の謎を知ることになりました。

遥か昔、恐竜の血を吸った蚊が木に止まり、その木から流れ出る樹液に巻き込まれ、そのまま琥珀石になりした。その琥珀石を発見し、蚊が吸ったDNAの中から恐竜のDNAが発見されたというのです。そのDNAに類似するDNAを組み合わせ生み出されたのが、この島に住む恐竜達だったのです。人工的に作り出しているため、メスのみを生み出すことで、パークに危険はないとの事でした。

アランが大嫌い子供との出会い

その後、ヴェロキラプトルが住む檻に行き、肉食恐竜の恐ろしさを目の当たりにしました。

次はパーク内を実際に見学に行くことになりました。しかし、ここでアランにとって最悪の事態が起こります。ハモンド会長の孫たちが見学に現れたのです。子供が嫌いなアランは思わずしかめっ面。ともあれ、アラン達と子供達は行動を共にすることになりました。

様々な恐竜たちとの出会い?

子供達と合流したアラン達は、パーク内専用の車に乗り、見学に行くことになりました。パークは強力な電気が流れるフェンスで囲まれており、安全が確保されていました。
そこでは様々な恐竜達に出会う・・・はずでしたが、どこにも恐竜は見当たりませんでした。最大の見所であるはずのティラノサウルスですら、餌を前にしても現れませんでした。ハモンド会長は少しがっかりした様子で、その場を後にしました。

遂に事件発生

次第に空は曇り始め、パークを大雨が襲います。

その頃、施設のシステム管理を任されていたネドリーが行動を起こします。このネドリーという男は、なんと巨額のお金に目がくらみ、施設内にある恐竜の胚を盗み出したのです。システムを操作して。
そのまま車に乗り込み、逃げようとしたネドリーでしたが、大雨により視界が悪く、土壌もぐしゃぐしゃだったため、車が動かなくなってしまいました。このピンチを脱するために、ネドリーは外に出て、大木にワイヤーを巻きつけます。
ところが、一見大人しそうなディロフォサウルスに襲われ、命を落とします。パーク内、最初の死者でした。

アラン達を襲うティラノサウルス登場

一方アラン達は、乗ってきた車が動かなくなり立ち往生していました。ネドリーの仕業です。何とか、別のスタッフが直そうとしましたが、ネドリーのパソコンはロックされていました。
そして遂に停電が起きます。

その時、巨大な地鳴りをアラン達は感じていました。なんと、その地鳴りの犯人は、あの最強の肉食恐竜とされているティラノサウルスでした。運が悪いことに、アラン達の車が停まっていた場所は、ティラノサウルスが住むエリアだったのです。
普段は強力な電気が流れフェンスも、停電によりただのフェンスと化し、ティラノサウルスが遂に、フェンスを乗り越え、襲ってきたのです。被害は甚大でした。アランと子供達は、車諸共フェンスの外へ落とされ、イアンは仲間を守るために怪我を負い、ドナルドは食べられてしまいました。

アラン博士の悪い予感が的中

フェンスの外に落とされアランと子供達は、施設を目指して歩きます。その道中、アランは卵を発見します。なんとそれは、あのヴェロキラプトルの卵だったのです。

アランは思いました。
聞いていた話では、DNAを操作しメスしか生み出さないようにしていると。しかし、恐竜を生み出すために使われた別のDNAの力により、恐竜達は生殖行為を行っていたのです。アランはとても危険を感じていました。

恐竜界の天才・ヴェロキラプトル参上

その頃、パークのシステムを復旧させるため、一度、ネドリーのシステムをリセットすることを考えます。電力を落とすことに成功したものの、電力は中々戻りません。

一緒にいたエリーと監視員のマルドゥーンが様子を見に行きました。しかし、既に手遅れでした。ヴェロキラプトルのフェンスが破られ、エリー達は襲われます。エリーを守るためにマルドゥーンが犠牲になり、電力を落としに行っていたスタッフは腕だけの状態になっていました。

アラン達とエリーの再会

アラン達は、施設を目指していました。そして、ようやくフェンスがあるところまで帰ってきました。アランは念の為、電力が流れていないことを確認した上で、よじ登り始めました。姉のレックスも続きます。弟のティムも少し出遅れて、登り始めました。
アランとレックスがフェンスを完全に超え切ったその時、電力が戻るブザーが鳴り始めました。ティムも急ぎますが、間に合わず強力な電気を食らい、体ごと吹っ飛びました。何とか、命に別状はありませんでした。

そして、施設へ戻った3人はエリーと再会するのです。

最後の強敵 ヴェロキラプトル

しかし、既に施設は恐竜の住みかに。ひと時の休息を取っていたその時、ラプトルが現れました。しかも、1匹では無く複数で。ラプトルは基本的に1匹では行動せず、群れて行動します。それは、必ず獲物を仕留めるため。頭が良く、鳴き声でコミュニケーションを取り合いながら、獲物を追い詰めていきます。
ラプトルに襲われた4人は、ある部屋に逃げ込みます。しかし、ラプトルは止まりません。一刻も早く、施設のシスムを復旧させ、扉をロックしなくてはいけない緊迫した状況。アランとエリーは必死に扉を抑えます。
その時、姉のレックスが動きます。元々コンピューターに強かったレックスは、子供ながら巧みに操作し、見事システムを復旧させました。

何とか、事なきを得た4人。

最後はやっぱり・・・

事なきを得た4人ですが、何とか施設から脱出するために、天井にある通風口を使います。そして、メインフロアに着いた時、またしてもラプトルが現れたのです。待ち伏せです。
絶対絶命と思われたその時、あのティラノサウルスが現れたのです!!たちまち、そこは恐竜vs恐竜の戦いに。
隙を見て4人は何とか脱出したした。そして、事前に呼んでいた救助ヘリに乗り、危険だらけのテーマパークを後にするのでした。

 

まとめ

いつも思うのですが、ネタバレの記事を書いていると、誰よりも自分が一番、その映画を観たくなってくるんですよね。今回も同様です。明日は土曜日だし、結婚式も終わって少し時間的余裕が出来たので、嫁と一緒に観ようと思います。

次回は、第二作目「ロスト・ワールド」をお送ります!

それでは、今日はここまで!ばーい!(^^)!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です